Company
会社情報

社長ブログ

The days of wine and roses

2020.11.16

今年のボジョレーヌーボーの解禁日は11/19です!
前から気になってたのは昔ワインを作る際にはブドウを踏んで圧搾してたようで
今では機械化しているのでイベントでしかやらないということです。
美味しいワインにするためにブドウふみふみするのは民族衣装を纏った乙女の足が最適らしい。。。
ということで早速光の速さでポチポチっとな。フムフム。こ、これは素晴らしい!
ちょっとアレなんでリンクにて
https://togetter.com/li/377322

自分はワインを飲まない(そもそもお酒を飲まない)
ですが!!!これだったら1本と言わずもうダースで大人買いですよー(ノ´∀`*)
ハッ!?もしかしてこれがあの有名な誰も損しないwinwinというやつですね!
本当にありがとうございました!

いわゆるジャズの超スタンダード・ナンバーでセッションでもよくつかわれるこの曲は
サックス初めてジャズが何が何だかよくわからない頃でも好きな楽曲でした。
これをカッコよく吹けるように最近また練習中です。

wikiさんによると
「酒とバラの日々」(Days of Wine and Roses)は、1962年制作のアメリカ映画。アルコールに
溺れてゆくカップルの悲劇を描いたシリアスドラマ。

曲調はとてもロマンティックなのに映画の内容は旦那も奥さんもアル中でダメダメという
救いようのない内容で。┐('~`;)┌
まあ、映画見てないですけどねー(●´艸`)ィヒヒ

なんでもほどほどですな。
そろそろ忘年会も近いので皆さん飲みすぎには気を付けましょう!

Land Breeze

2020.09. 5

 長男のサッカークラブに一緒に行く手前、親が下手だとちょっとアレなんで
せめてリフティングを最低100回以上できなきゃなあ~ということで最近
休日は朝活始めました。家から少しいくと青葉の森という大きい公園があって
芝生もあり朝は人がいないので練習には最適です!

DSC_1190.JPG

最近は朝でもかなりきつい暑さですが、風が吹くと青葉の森と
いうくらいなので風も心地よく、運動不足も解消できるし息子にも威張れるし
いいことだらけ!リア充の陽キャになったような気がしました( *´艸`)クスッ♪
寒くなっても続けられるかが課題かな・・・。

DIMENSIONのkey 小野塚さんのソロアルバムで紹介には

「日本を代表するフュージョンバンド"DIMENSION"のキーボディスト小野塚晃の2ndソロアルバムが
5年ぶりのリリース。全曲の作曲、アレンジ、ベース、パーカッション等を手掛け、
ドイツのピアノ"Bechstein(べヒシュタイン)"を取り寄せ、スタジオに持ち込みレコーディングを行うほど、
ピアノ一つ一つの音色やサウンドの細部に至るまでこだわりぬいた渾身の作品」。

なるほど、誰が言ったか世界三大ピアノといえば「スタインウェイ」「ベーゼンドルファー」
そして「ベヒシュタイン」。これくらいは自分も知ってます( ̄ー ̄)ニヤリ
(どうでもいいけどドイツ語は名前がいちいちカッコいい!)
わざわざ取り寄せてレコーディングするぐらいだからさぞかしスゴイ旋律なのだろうと
聞いてみたところ・・・うーん、さっぱり違いがわからんちゃん┐('~`;)┌
っていうか、あるグレード以上はその楽器の性能では無くて、装飾とかいった性能とは遠いところ
を演奏者が感じ取りインスパイアされて曲に吹き込む感じで音色はそこまで
変わんないじゃないーの???(゚σ_゚) ホジホジ
なんて思ってたらyoutubeに聞き比べがありやがりや

コメント欄見ると「透き通った和音ガー」「重厚感ガー」ってあるけど
ホントか!?ホントにホントなのか!?自分もしかしてクソ耳ですか!?
あっ!でも聞いたのがスマホのスピーカーだし、モニタースピーカーじゃないし
繊細な音の違いがわかるわけなくね?
しょーがないから今度時間があったら聞き比べてやるよ!
グッバイyoutube!ヾ(;゚д゚)/ニゲロ~!!

51b9udXBD2L._AC_SX425_.jpg

カレンダー
2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30